【雑記】なぜHYIPサイトは無限に湧いてくるのか

2017年1月10日

なぜHYIP案件は次から次へ湧いてくるのか

ちょっと思い立ったので書いてみたいと思います。

私達が投資しているHYIP投資の投資先ですが毎日沢山のHYIPが登場しています。同時にたくさんのサイトが飛んでいます。

こんなに沢山のHYIPが乱立する理由を軽く考察してみます。

HYIPが乱立するわけ

  • BitcoinやPerfectMoneyといった送金サービスなので簡単に口座が設立できる
  • HYIPは飛んでも逮捕された事例がない
  • HYIPサイト用のテンプレートとスクリプトが安く販売されている

BitcoinやPercentMoneyなどの送金サービス

仮想通貨での取引は銀行の電信送金と異なり海外に送金しても格安の手数料で送金でき、詐欺的な使い方をしても凍結されるリスクも少ないので世界中から投資を募り消えるのも簡単です。Bitcoinのアドレスが個人や会社のへ繋がることはありませんからね。

HYIPは飛んでもの逮捕された事例がない

HYIP投資の胴元は今のところ事件に発展して逮捕されたケースがありません。これは投資家側が飛ぶかもしれないことを知った上で投資している場合がほとんどなので飛ばれても訴えない場合が多いそうです。また、基本的に海外に投資するので出資法などで取り締まられる事がありません。さらに一番大きな理由として仮想通貨は今現在お金として認められていないので明確に取り締まる法律がないというのがあります。

HYIPサイト用のテンプレートが販売されている

HYIPのサイトは多機能で送金を反映したり会員を管理できる必要があります。そんなサイトをスクラッチで作ってもらおうとしたら結構なお金がかかります。しかし、HYIPサイトを立ち上げるためのパッケージが販売されています。値段は様々ですが安いものでは200ドル程度から販売されています。サーバー代やドメイン代を考えても400ドル程度でHYIPサイトを立ち上げることが可能となっています。

400ドルの投資でうまくいけば沢山の人がお金を預けてくれるわけですから多くのサイトが立ち上がる理由がわかる気がします。

以下HYIP立ち上げのパッケージを販売しているサイトのキャプチャです。

CMS部分とテーマ部分が分けて売られているのでサイトの見た目を変えて何度も立ち上げることが可能そうですね

以上私が考えるHYIPが乱立する理由です。

粗悪なHYIPに引っかからないためにも投資先を選ぶときには気を使いたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です